カンクン旅行 3日目

12月25日(日)
朝起きて、シャワーを浴びてから朝ごはんへ。
朝ごはんは3箇所くらいあったけど、私たちは毎日ビュッフェに行った。
ビュッフェがものすごく豪華で、朝から生ハム、スモークサーモンなどから、ステーキや鶏肉の煮込みなどの肉料理、セビーチェなどのメキシコ料理、あとはオムレツやクレープ、スムージーなどを頼むとつくってくれる!
オムレツは卵を薄くしてるので、軽くてぺろりと食べれて、ほかにも色々食べたいものがあるのですごくよかった。
ほかにも頼めば目玉焼きとかつくってくれるみたいだった。
これが、毎日洗ってるたまごかーと思った。




朝から大食い







10時からスパニッシュレッスンがあるということだったので、朝ごはんのあとはビーチサイドへ。
参加者は私たちを含めてなんとたったの3人。
もう一人の人はワシントンDCに住んでいるというスポーティな黒人の女性だった。
挨拶などから始まり、最後の方は文章を自ら作らされるという、意外にもスパルタなレッスンだった・・・。
でもこのレッスンのあとは簡単な挨拶ができるようになったので、滞在中とても役に立った!
ALTOは「高い」と「ストップ」の2通りの意味があると教えてもらい、モールとかでALTOって書いてあると上の階のことと分かって便利だった。

プールサイドでスペイン語レッスン!バカンス〜!


スパルタなスペイン語レッスン

このときに分かったんだけど、ビーチサイドの従業員は、エンターテイメントチーム、ウェイター、タオルをくれたり浮き輪を膨らましてくれたりする人の3種類がいるみたいだった。
私たちもポーランドで買った浮き輪を持ってきてたので、自力で膨らまそうとしてたら、すぐに従業員の人が気づいてくれて、膨らまして持ってきてくれた!
その後も、会うたびににこっとしてくれた。

いくらでもタダで飲み物を作ってくれるカウンター。
ここに行かなくても飲み物いる?って聞きに来てくれる。

ハンバーグとか食べられる。美味しい。


スパニッシュレッスンのあとは早めのお昼をとりにビュッフェへ。
ローストビーフなど豪華なおかずに、かわいいお茶菓子がたんまり並ぶ。
この日は気づかなかったんだけど、朝は卵料理のコーナーで、昼はパスタ料理を手作りしてくれる。


お菓子のビュッフェがすごすぎる。

すごい!

お菓子のお家!

可愛い!

シーフードが美味しい

お肉も美味しい

セビーチェ

デザート(旦那さんチョイス)

デザート(私チョイス)



昼ごはんのあとは水着に着替え、ビーチサイドのハンモックで食休みをしたあと、ビーチ&プール!
エンターテイメントチームの人にしつこく4時から始まるダンスレッスンに参加してと言われるが、逃げる。

部屋にあがり、着替えて、これまた評判のよかった地中海料理の店Olioへ。
シーフードスープ、串焼き、ステーキを頼む。
おいしかったけど、私たちはグリルのお店の方が好みのようだった。





夕ごはんのあとは外に出かけて、バスでホテルから一番近いククルカン・プラザへ。
バスが結構乱暴で、ずっとホテルで甘やかされてたからびびってしまった

ククルカンは結構店がすでに閉まっていて寂しい感じだった。

おでかけの後はなんと2回目の夕ごはん!
テンダーロインのステーキと、トマトとチーズのサラダ・・・と思ったらまたパイ包みみたいのが出てきた(!)。

ステーキおいしいおいしい。



そのあと、ロビーでクリスマスメドレーの生歌を聴きに行く。
聴いてたら途中でウェイターが南国なカクテルを持ってきてくれた。
歌は上手で、アナと雪の女王とかクリスマスと関係ない歌も歌ってた。


夜のお散歩(ライトアップされたホテル)

夜のプール

0 件のコメント :

コメントを投稿