白夜行

最近また本をがんがん読んでます。
文庫になっている伊坂幸太郎の本はあらかた読んだので、今は東野圭吾を読んでいます。

『眠りの森』『嘘をもうひとつだけ』『どちらかが彼女を殺した』『悪意』など加賀恭一郎シリーズをはじめ、『片思い』『殺人の門』なども読みまくり。一昨日は『白夜行』を読みました。

『白夜行』は人気のある作品らしく、確かにすごいおもしろいのですが、できれば『殺人の門』の前に読みたかったです。
『殺人の門』は、頭のいい悪いやつがやりたい放題で後味がなんとなく悪い小説で、『白夜行』はそれに比べればもっと悪いやつの悲哀とか人間味が若干感じられるんだけどなんか似てるので『殺人の門』を思い出して後味悪くなってしまう…。

もう少しメインふたりのエピソードがあったらなあ、と思います。

-- from iPhone


他の海外旅行人気ブログはこちら【ブログ村】

他の人気ブログはこちら【ブログ村】



0 件のコメント :

コメントを投稿